金太郎飴本店の歴史

IMGP1075_R

明治の初め頃、初代菊松が露天商として、三ノ輪の地で飴を売り始めました。

明治の終わり二代目謙一郎が会得した組飴(絵柄が入った飴)の技術を元に金太郎の顔の入った飴を完成させ「飴の中から金太さんが出たよ」のキャッチフレーズと共に金太郎飴を全国に売り歩き始めました。

昭和22年に正式に金太郎飴本店として株式会社を設立しました。五代目鐵男の頃は技術も向上し昭和50年代頃からは希望の絵柄を飴にする「オリジナル飴」を作るようになり、新郎新婦の顔を飴にした「ブライダル飴」が人気となりました。

120年以上経った今なお職人が手作りで飴を作り続け、登録商標 「金太郎飴」®の暖簾を受け継いでいます。

代表挨拶

代表取締役の渡邊彰男でございます。
金太郎飴本店では日光街道の三ノ輪にて創業以来、皆様に愛されて120年以上、職人の手によって伝統の「金太郎飴」を作り続けております。
季節や時節に合わせた飴や、ご提供頂いた図柄からお客様だけのオリジナルの飴も制作しております。
四季や慶事・祭事ごとに伝統の飴をお楽しみ頂ければと思います。
これからも変わらず「金太郎飴」をご愛顧頂けますようお願い申し上げます。

「金太郎飴」®が出来るまで

howtomake_top_R

「金太郎飴」®は、熟練の職人の手によって作られています。

この画像は、細く伸ばす前の金太郎飴です。

なんと!直径35cm、長さ70cm、重さ40~50kgのジャンボサイズです。

これを中棒サイズ (直径2cm) に伸ばすとあら不思議。

約250m、400~500本分になり、面切タイプで約7000粒の金太郎飴が出来上がります。

店舗情報

社名 株式会社 金太郎飴本店
代表 代表取締役 渡邊彰男
所在地 〒110-0003
東京都台東区根岸5丁目16番12号
電話番号 03-3872-7706(代)
FAX 03-3872-7785
営業時間 9:00~17:30
定休日 土曜日(不定休)・日曜日・祝日
最寄り駅 地下鉄日比谷線「三ノ輪」駅
二番出口から徒歩1分
駐車場 無し、近隣のコインパーキングをご利用くださいませ
お支払い 〇オンラインショップにてクレジットカード決済がご利用頂けます。
(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
〇店頭にてお買い上げの際はPaypayでの決済がご利用頂けます。
メールアドレス info@kintarou.co.jp
(表示上、@が全角になっております。メール送信時には半角に直してご利用ください。)
大きな地図で見る